宮崎焼酎 よかど! いつでも青春ゆう子の そのまんま通信!

ブログトップ | ログイン

今年のお盆は・・・ 友(とも)ちゃん おじいちゃんに会えましたか?

9月に入り、朝夕の風に秋の気配を感じる今日この頃です。
庭の桜の葉は、紅葉することなく 随分前から散り始め もう残り少なくなっています。^m^
今年の夏はいろんな事がありすぎて、暑い暑いと言いながらも いつの間にか秋に・・・

f0042737_10264681.jpg

8月15日は、これまでの人生で忘れる事の出来ないお盆になりました。
日南の実家の近くに住んでいる姪のともちゃんが33歳の若さで亡くなり葬儀となりました。
ひまわりの花をバックに 笑顔の素適なともちゃんの写真・・・辛いお別れでした。
東京の長男は出席できず、弔電が送られてきました。

 「天国はすごくいいところらしいです。
   だって、行った人が誰一人帰ってこないのだから・・・」
  不謹慎だとは思わないでください。
  残されたご家族の皆様に少しでも
  故人と精一杯の人生を謳歌された喜びを感じていただき、
  力いっぱい 明日からの人生を歩んで頂きたいのです。
  故人のご逝去に深く哀悼の意を表します。
                          吉田知生 裕子

 最初 誰からかな?と思っていたら・・・(-_-;) 有り難う!
いろんな事を思い出します。弟家族はこの4ヶ月間どんな想いの毎日だったのでしょう。

f0042737_10432753.jpg

今年の4月4日は、実家の近くに念願の家を建てることになり、今日は棟上式です。
ともちゃんは後姿ですが、この日をどんなにか楽しみに待っていたことでしょう。(*^_^*)

f0042737_10462590.jpg

棟上から一ヵ月後、病気が発覚し それから4ヵ月後に帰らぬ人となりました。
家も出来上がり引越ししましたが、体調がすぐれず 治療のため入退院の繰り返し
帰って来た時は実家に泊まっていました。日に日に痩せていき、見るのが辛かったです。
ともちゃんはこの新築の家で、一度も台所で炊事する事ができませんでした。
家族は一日でも長くこの家に住ませたいと、二日間でしたが一緒に・・・
今日(8月14日)はお通夜の為、もうすぐこのお家とお別れです。なんと悲しい事でしょう。

f0042737_10544113.jpg

この写真は、昭和52年 熊本の湯の児温泉ホテルで撮ったものです。061.gif
当時は毎年のように、夏休み 親戚皆でマイクロバスで温泉旅行に行っていました。
若かりし父と母、鼻の傷跡を赤くしているのがともちゃん、隣は正樹おにいちゃん
母に抱っこされているのは、一歳8ヶ月の我が家の長男です。
ともちゃんと長男は同じ歳ですが、良く遊び よくケンカもしていました。037.gif

f0042737_1115156.jpg

今日は、ともちゃんの結納日、私達も御呼ばれです。弟夫婦も嬉しそうです。

f0042737_1135286.jpg

北郷町のホテルで、結婚式披露宴が行なわれました。幸せいっぱいのともちゃん!
この日、母と私達叔母さんは、結婚式にはふさわしくなかったかもしれませんが
三船和子の「午前様」を、おしりふりふり踊ったことを今でも覚えています。038.gif

f0042737_1192430.jpg

毎年5月の連休を利用して、お弁当を持って親戚皆で海へ出かけていました。
平成17年5月4日、大堂津海水浴場のなくさみ?がともちゃんと行った最後になりました。
ともちゃん一家は海行きが大好き、魚釣りも大好き!よく家族で行っていたそうです。
今朝も旦那様が早朝に魚釣りをしてきて、刺身にして ご馳走してくれました。(^^♪

f0042737_111521.jpg

食事の休憩時間は、海辺でボール遊びや砂遊びをしました。
小学3年生のしおりちゃんやえりちゃん、母や大束の義母も楽しそうです。
私達の故郷、大堂津の海は 今日は穏やかでとってもきれいでした。058.gif

f0042737_11191694.jpg

お腹いっぱいになり、そろそろお開きになる前に、皆で記念撮影となりました。
中央オレンジのシャツ姿がともちゃん、我が家の旦那様はお昼寝の時間なのかな?
昨年は何故か計画できませんでしたが、これが最後の海行きになったんですね。(ーー;)

ともちゃん あれから3週間が過ぎました。
もう おじいちゃん達に会えましたか? ビックリするでしょうね・・・
ともちゃんが生まれ、私と同じ名前をつけてもらい、「汐口友子」(シオグチトモコ)となり
私が24年間使ってきた名前が再びよみがえり、分身が出来たようで嬉しかったな~
「ゆうこ」と「ともこ」で呼び名は違っていたけど・・・
ゆうこおばちゃんと違って、口数も少なくおとなしかったけど、子供の教育や家庭の事
しっかりと頑張っていましたね。
優しい旦那様と二人の娘に恵まれ、実家の近くに住んでいていつも親孝行していましたね。
あんなに元気だったのに、こんなにも早く旅立つなんて誰もが思っていなかったでしょう。
子供の事が心配で、さぞかし悔しかったろうと思いますが、たくさんの家族がいます。
どうか安心して、天国からおじいちゃん達と一緒にみんなを見守ってくださいね。072.gif

by shocyuya | 2009-09-05 11:47 | Comments(4)
Commented by yoshi at 2009-09-05 23:08 x
なんと言葉をかけていいかわかりません。
ただご冥福を祈るだけです。
Commented by yuuko at 2009-09-06 15:02 x
有り難うございます、yoshiさん。
まだまだ信じられません。二人の子供や弟夫婦の顔を
見るのが辛いです。奇跡を信じて看病していたのに・・・
Commented by Yoshibo at 2009-09-07 09:03 x
33歳と言う若さで姪御さんが亡くなられて寂しい気持ちが癒えることはありませんねyuukoさん。
それにしても急だったのですね・・棟上のときの写真など見ているとそんな様子は全然見受けられないのにそれだけに可愛そうで残念な気がいたします。ご冥福をお祈りいたします。
Commented by yuuko at 2009-09-07 10:55 x
有り難うございます、yoshiboさん。
以前から時々 胃が痛いと薬を飲んでいたらしいのですが・・・
仕事や子育て、家造りの準備なんかで、なかなか病院へ行けなかったのでしょうね。あの頃なんで早く検査を・・・ 残念です。
若い時は、なかなか検診をしませんね。私もそうでしたけど。
お互いに、早めの検診を受けましょう!!