宮崎焼酎 よかど! いつでも青春ゆう子の そのまんま通信!

ブログトップ | ログイン

<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

串間ん芋っ娘4人 ワクワク ドキドキ ハラハラ の 三日間 !! ( 前編 )

 第38回 全国商工会議所女性会の全国大会が、去る11月21日~22日、
さわやかな秋空の下、伊勢市の三重県営サンアリーナで開催されました。

 わが串間ん女性会からは、4人が行く事になり、今まではどんな大会でも必ず
事務局から一人同行していたのですが、今回は会員だけの参加となりました。
伊勢志摩の観光も良かったのですが、宝塚劇場に行く事に決まりました。

 旅行会社が作成してくれた行程表を見ながら、うまくたどり着くかと不安でしたが、
目・口があるから何とかなるだろうと、朝7時には串間を出発しました。
一番若いセッちゃんに、クーポンを全部預け、次に若いナオミちゃんには
宮崎空港までの運転と会計をしてもらいました。

 みんな、今日から三日間は串間弁じゃなく、標準語をしゃべらんといかんよなどと
行きの車の中から大騒ぎです。
トモちゃんとゆう子さんは、耳栓を買いましたが、お陰さまで頭が痛くならずに・・・
「トモちゃん、どうだった? 耳痛くなかった?」
「ハハハ・・・ 買ったけど 耳栓するの 忘れていたー。」(笑)

 ようやく宝塚劇場に着き、近くでリッチな昼食をすませ、入り口がわからず
まごつきながらもどうにか会場に着き、宙組公演の竜馬伝を観劇しました。
2部は ザ、クラッシック、3人が初めてだったので、ただただ感動するばかりでした。
「いやー 良かったね、今度は会員になって 前の席でみたいねー。」
「本当の男の人みたいだね。声も顔も・・・ カッコいかったねー。」
f0042737_10363232.jpg
 向かって右から、ナオミちゃん、ゆう子さん、セッちゃん、トモちゃんです。
後ろの、竜馬役の「貴城 けい」が本物でなくて残念ですが、はい パチリ!

 それから少し暗くなりかけた宝塚を後にして、ゴロゴロと荷物をひきずりながら
話は先程のショウの事ばかり、電車に乗り やっとこさ 市内のホテルに着きました。
夜の食事は、近くの居酒屋でビール・ワイン・美味しい料理にみんな酔ってしまい
帰りは4人で手をつなぎ、ホテルまでの道を少し間違え 行ったり来たり・・・
広いツインの部屋に一人ずつ、その後はみんな バッタン キュウーだったようです。

 翌日は近鉄伊勢志摩線で三重県五十鈴川駅へ、そこからシャトルバスで会場へ。
電車の中でも、宝塚や居酒屋の話で、窓の外の景色を見る事を忘れていました。
f0042737_10365648.jpg
 うわー すごい! こんな大きなイセエビ、今まで見たことありません。
ここでも記念写真 パチリ!
あたたかいイセエビのお味噌汁が用意されており、それはそれは美味しかったです。
さあ、これから伊勢神宮特別参拝です。

 今夜の懇親会 どんなご馳走かしら? ワクワクの芋っ娘4人です。
by shocyuya | 2006-11-28 10:37 | Comments(8)

金時豆きょうだい 全員集合! 今朝も早よから お鍋コトコト・・・

 さわやかな秋晴れの続くこの季節、久しぶりに「しょちゅ家の吉田」の4人兄弟が
揃いました。 父の初盆以来 3年3ヶ月ぶりです。
f0042737_1217022.jpg
 写真右より、私の旦那様・妹の美和子さん(埼玉)・次男の周君(大阪)・
三男の剛君(青森)です。
旦那様を除く三人は、そろって金時豆が大好きで、朝食から夕食まで豆・マメ・まめと
みんなの滞在中、母は何袋 煮たことでしょう。

 今回は我が家のお祝い事で、帰って来てくれたのですが、どういう訳か翌日から
隠居の大掃除が始まりました。
弟が台所からお風呂場へと、次々と掃除をしますので、妹は膝の痛みを我慢して
ビッコひきながら一緒に、母は行き場がなくニコニコ顔で オロオロ!
ついには、カーテンをはずし洗濯機で・・・ 金具を付けたままだったので一枚は
ぼろぼろになりました。それからは 二人してタライで足洗いです。
 
 「まこちー 本家のカーテンさえ 20数年洗った事がないのに!」
 「姉さーん ごめーん! 余計な出費になったねー」

忙しくてカーテン買いに行く事も忘れ、みんなの滞在中は遅くまで明るい夜でした。
でもお陰さまで、隠居は正月と盆がいっぺんに来た様に ピカピカになりました。
f0042737_12173277.jpg
 今日は、妹の旦那様で自称「太川たかし」(細川たかしの歌が大好きで上手い)
も一緒にサインは ” V ”
一人だけ「ぐー」をしていますが、3個のデジカメで何度も何度も撮りましたので
”V” か ”チョキ” か解らなくなった皆さんでした。
金時豆三人兄弟の、帰る時の荷作りも大騒動、早くしないとクロネコさんがくるよ!

 大阪の弟は夕方に帰り、翌日は4人を宮崎空港に送りました。

「美和子さん、荷物がえろ(大変) 多いねー。でも二人だし 心配いらんね」
「友子姉さん、死んだじいちゃんが ”美和子が帰る時はちり紙以外はみんな
持って帰るが・・・”と いつも言っていたよ(笑)。」
「うん、私も実家に野菜やみかんをもらいに行くと、死んだ父さんから”欲なもんじゃ”
と言われよった。でもそれって、愛情表現の一つやったちゃど、きっと!(笑)。」
「今度、みんなが揃うのはいつやどかい? せっせと お金貯めちょくわ!。」
「美和子さん、今回は金時豆 いくつ食べた? ホントに3人は好きやねー。」
「ハハハ・・・ 残りの豆は もらってきたよ。でもお陰で 太っちゃた!。」

 賑やかで 忙しく楽しかった日も過ぎ去り、我が家も静けさが戻ってきました。
昼間は、母とさくらと3人 寂しくなりましたが、食事の時や空港までの車中で語った
妹達の会話を思い出しながら、一人笑いしているこの頃のゆう子さんです。

 妹よ、いつもながら 貴女の話は楽しかったです!。
by shocyuya | 2006-11-18 12:18 | Comments(3)

” 何を求めて?  双眼鏡片手に ロマン飛行ー !! ”

日南市上塚田の山里には、母の妹夫婦が、JA退職後、キンカン栽培や野菜などを
作りながら、のんびりと暮らしています。
ところが、5年前から叔父は友達3人と組んで、クマバチ(オオスズメバチ)の巣取りに
夢中になっていて、実家で飲み会がある時は必ず、ハチの話をします。

「友子さん、又 焼酎買いに行くからね。」
「おじさん、クマバチが見たいから、今回は配達するね。」
それから数日後、「しょちゅ屋の吉田」より車で20分、今年の9月よりこれで
66本目の35度焼酎の配達です。
f0042737_122598.jpg
わぁー すごい! 女王蜂もいます。 今回の収穫は330匹、捕ってすぐに焼酎の中に
入れてあったそうですが、これから80匹ずつ数えて、一升瓶の焼酎に漬け込みます。
一年過ぎた頃から色が出始め、だんだん黒くなっていくそうです。
咳止めや、腹痛によく効き、女性ホルモンの分泌を促すと言われています。

昨年は、7月から10月にかけて 110個の巣を採取し、7,000匹のクマバチを捕らえ
80~90本のハチ焼酎ができたそうですが、今年は長雨の影響で少ないそうです。

紐をつけたクマバチを、辺りかまわず追いかけ、ようやく巣を発見した時の興奮・喜び
征服感は、病み付きになり、何度危険な目にあっても止められないと言っています。

クマバチは土の中に巣を作りますが、2~3cmの出入り口があり、掘り上げてみると
大きいので直径60cmもあり、5~6層の巣になっているそうです。
f0042737_12264275.jpg
クマバチの幼虫やさなぎは、炒め物や素揚げにすると大変美味だそうです。
今日は私の為に、料理上手な叔母が、幼虫となすとトーフで炒め物をしてくれました。
幼虫を見ると、外の虫を思い出し気持ちが悪く、今まで口にした事がなかったのですが
美容と健康に良いと聞き、勇気を出して食べました。
いゃー 何ともいえない味と舌触りは、言葉では言い表されません。(笑)。
f0042737_10474837.jpg
「おじさん、最初 どこに行ってクマバチを見つけると?。」
私の質問に、今日の作業を終えた叔父は、目を輝かせながら焼酎片手に たった一人の
生徒の為に、講義をしてくれました。

ハチの体に紐をつける技、どのようにハチを追いかけるのか、ハチの採取方法、生態
女王蜂の越冬・巣つくりなど、又 これまでの苦労話、エピソードなど・・・
時間の過ぎてしまうのを忘れてしまうほど、おもしりー 話でした。

  ”クマバチ先生 ご講演 有り難うございました。続きは 又今度! ”

叔母ちゃんの作ってくれた、バラ寿司や煮しめ・大根葉の漬物・しょうがの味噌漬けなど
いっぱいもらって、夕暮れ時をルンルン気持ちで帰ってきたゆう子さんでした。
クマバチ幼虫炒めを食べる時の旦那様の顔を、想像しながら(笑)・・・
by shocyuya | 2006-11-05 12:28 | Comments(8)