我が家の ヨシノザクラも 開花宣言  やっと 春がきました!

 今日 3月28日は、私達の32年目の結婚記念日でした。
又 しょちゅ屋の吉田「人生万事塞翁が馬」の発売2周年記念日でもありました。

昨年は 夜まで忘れていて、私からいやみを言われた主人は、今年は起きてすぐ
「結婚記念日、おめでとうございます。」
「えっ なんか おかしいね。自分たちでおめでとうなんて・・・」
「そうやね、でも まあ よく今日まで もてたね(続いたね)(笑)」
覚えていてくれたのは良かったけど、夜は接待の飲み会でしたので、友子さんは
息子夫婦の送ってくれた花束を見ながらの、一人淋しい食事でした。

 宮崎市の県総合文化公園のソメイヨシノは、昨年より八日遅い 26日に
開花宣言がありました。
我が家のヨシノザクラは、いつ咲くのかなー 今回ほど気になった年はありません。
昨日の雨も上がり、今朝は霧が発生していましたが、だんだん晴れてきました。
久しぶりにフトンを干しながら、時々桜の木を見上げる私でした。
f0042737_1131295.jpg

 9時過ぎでした。 やったー 咲いています。
記念日に開花とは、今年は春から縁起が良かどーと、一人で喜んでいました。
でも、しょちゅ屋の吉田気象台、平年より・・・ 昨年より・・・は、不明です(笑)。

桜の季節が来る度に、遠い昔を思い出します。
結婚式や、行く先々の桜のきれいだった新婚旅行、入学式・卒業式など・・・
32年、いろいろな事がありましたが、今では良き思い出となっています。
f0042737_11312182.jpg

 暖かい昼下がり、さあ 焼酎の記念撮影が始まりました。
数日前に、30数年前の本格芋焼酎「吉野桜」が、我が家に帰ってきました。
串間市内のあるところで、陳列されていたのを主人が偶然にも見つけたそうです。
その時は、驚きと嬉しさで胸が震えたと言っていました。
「吉野桜」の書体は、この後変えましたが、残念ながら手元には残っていません。
協業になる前の3年間は、ことぶ芋焼酎「くろつち」も販売しておりました。

 協業になり、「吉野桜」・「くろつち」が消え、「ひむか寿」が生まれました。
それから20年後に、黒麹赤芋仕込みの「人生万事塞翁が馬」が誕生したのです。

ずっと ずっとの大昔、2代目のしょちゅ屋のじいちゃんは、お盆や暮れは集金に出かけ
行った先で焼酎を飲み、唄いながら朝方帰ってきたもんだと聞かされました。

  ” 今夜又 焼酎飲めば 春めきて 借金取りも うぐいすの声 ”

 この歌の文句が、昔の焼酎のラベルに書き入れてあったそうです。
主人は、小学校の頃、ビンには貼っていなかったけど、そのラベルを見た記憶がある
と言っています。この歌を考えたじいちゃんはえらい!と笑っちゃいました。

  ” 今宵また 塞翁(さいおう)飲めば 春めきて
                   ・・・・・・も うぐいすの声 ”

by shocyuya | 2007-03-30 11:35 | Comments(4)

ぽかぽか陽気の 彼岸中日

  今朝は 3日続きの おはぎ作りで~す!

 春分の日の21日、高気圧に覆われた県内、串間市も青空がひろがり本当に
久しぶりの、気持ちの良いぽかぽか陽気となりました。
東京では、桜(ソメイヨシノ)が開花したというのに、我が家の吉野桜は見上げても
まだまだつぼみは固いようで、29日の開花予想日に間にあうのか心配です。

しょちゅ屋のゆう子さんは、今朝も早よから、おはぎ・芋団子作りに頑張っています。
春・秋の彼岸が来ると、何故か おはぎを作りたくなる私なのです。
いつもは、2回なのですが今回は3日間となりました。彼岸入りの18日は仏壇用
19日はこちらの母の実家へ、そして最後は日南の皆さんへ持って行くためです。

墓参りをすませ実家に着くと、もう皆さん食事をしながら、話に花を咲かせています。
「大束の二人は、今日も遅いと今話していたとこやとよ。呼ぶよりくさせやね(笑)。」
「おはぎや、芋テンプラ作りに時間がかかったとよ。」
「ゆう子さん、田植えのブログ見たよ。文章がえろ(大変)うまくなったがー。」
と 目井津の叔母ちゃん。
「まこちや(本当に)?私って 串間の花岡町子さんやろ(でしょう)(笑)。」
「うん、まこっちゃ! 忙しくてコメントする暇がないとよねー。」
f0042737_1551929.jpg

 すごい、今日は彼岸の うー ごっそう (たくさんのご馳走) です。
弟のお嫁さんが作った煮しめ・ちらし寿司・つわの油いため・高菜の漬物・たくあん
かつおのさしみなど・・・目井津の叔母ちゃんが持ってきた かからの団子もあります。
そしてゆう子さんのおはぎです。しまった、芋のテンプラの大盛りを置いていなかった!

春の彼岸は、田植えで忙しいので なかなか全員集合できません。
今日はクマバチ先生御夫婦も、田植えで欠席、ここの長男は JAはまゆうの
農機具センターで働いていますので休みがとれず、二人の娘も仕事です。
f0042737_1551308.jpg

 さあ皆さん 今日も記念写真を撮りましょう!
これが最後の写真になるかもしれないよ と大笑いしながらの写真撮影でした。
右の一番手前は、母の叔母さん お彼岸にはバイクで必ず来てくれます。
ゆう子さんの手前は、65歳の栄子おばさん 又 この頃太ってきて体重90Kg、
今日は体がきつく、墓参りに行けなかったそうです。
時々、胸が苦しくなるとよと言いながらも、明るい肝っ玉おばちゃんです。
左手前から2番目は、民謡のうまい目井津のみさ子叔母ちゃんですが
もうすぐ大会があるので、今から民謡の練習と、少し早く帰りました。

いろいろと話もでき、最後に連休の海行きの日程も決まりました。
夕方になり、そろそろ引き上げようかと、気持ち良く酔っている旦那様と二人
実家を後にするゆう子さんでした。

  今度の彼岸も 忙しかったけど 楽しかったな!
   クマバチ先生とこの いりこもちが食べられんで 残念やったー

by shocyuya | 2007-03-23 15:52 | Comments(4)

 早期水稲 田植え 始まる!!

   今朝は 早春の薄霜化粧 田んぼの苗 大丈夫かな?

 久しぶりに母と二人、お墓参りに行きました。晴れの天気予報だったのに
曇り空、少し北風の冷たい日です。帰ってきて机に座っていると電話がきました。

「はい、しょちゅ屋の吉田でございます。」 とうぐいすの声?
「まだ家におったとね。もう 三反せまちは終わって、今は新かく田を植えておるよ
 次は、なか新田やが・・・ 早くこんと 終わってしまうがね!」 とカラスの声?
「えー まこちや、 わかった すぐ行くわ!」

このように、田んぼにはすべて名前が付いていますが、私は半分は忘れています。
去年はタイミングが悪かったので、今年こそは実家の田植え写真を撮ろうと
思っていました。  早速 新車の赤いムーブで日南へと、飛ばしました。

f0042737_1230130.jpg

 よかったー まだ終わっていませんでした。
北日本では雪だというのに、この南那珂では超早場米の田植えが始まりました。
実家では、本当は先週末の予定でしたが、田んぼに氷が張ったために、
昨年より2日遅く、昨日(3月13日)、田植えとなったようです。

平日の為、孫たちは来ていません。兄弟・嫁・姪の4人だけでした。
今はごらんのように、機械で植えますので、1アール 30分で終わるそうです。
でも隅々は、手植えになりますので、まだ水が冷たく大変みたいですね。

f0042737_12301894.jpg

 この辺りの田んぼでは、弟達が一番早かったようですが、今 隣りの田んぼでも
始まりました。遠くに見える周りの山々では、山桜が満開のようです。
この のどかな田園も、これから暫くはトラクターや、田植え機の音で賑わいます。
そして順調に育てば、7月中旬には早期水稲新米ができる予定です。

写真撮りも終わり、帰りに実家によると、母が一人で苗箱を洗っていました。
大分、足や腰の曲がってきた母の後ろ姿を見ると・・・・・

  ” 母さん 間に合ったよ!  あさっては 誕生日やなー
     はい、早めのプレゼント! グランドゴルフがんばってな! ”
 

 たくさんの春野菜をもらって、今日も又 すぐに大束へ帰ってくるゆう子さんでした。

by shocyuya | 2007-03-14 12:31 | Comments(4)

日南海岸 きらめき ライン ご一行様

     ようこそ 串間温泉 「いこいの里」へ !!

 「日南海岸地域シーニック バイウエイ推進協議会」は、宮崎、日南、
串間市、北郷、南郷町の三市二町のボランテア団体、観光関係者の方々が
昨年の2月に結成されました。 
行政や宮崎大学と連携し、海岸沿いの道を
「日南海岸 きらめき ライン」として、魅力アップに取り組んでおられます。
この協議会の方々が、先日 東京工業大学大学院教授の桑子俊雄先生を
お招きし、この日南、串間市を二日間にかけて散策されました。
最後は、串間市の国文化財源簿に登録されている「旧吉松邸」の視察でした。
f0042737_1211531.jpg
 私達 串間の道を考える女性の会は、この「旧吉松邸」の視察から参加し、
串間温泉「いこいの里」での意見交換会・懇親会に出席しました。
桑子先生の基調講演 「風景道」、そして各団体の活動報告がありました。
新しい観光施策の 「シーニック バイウエイ」 (日本風景街道)とは、
道路そのものを観光資源として活用し、又 地域資源や地域活動も有効に
活用し、活性化を図るのだそうです。大変勉強になりました。
f0042737_12112477.jpg
 いよいよ懇親会です。
東京や宮崎の大学教授や、国土交通省の方々が来られるので、心より
おもてなしをしょうと、女性7人で余興をしました。
写真の フォークで果物をさしておられる方は、桑子教授です。
何度目の挑戦だったのかは、忘れましたが、串間市長は、4回目で成功でした。

このヒゲダンスショウーは、いろいろと打ち合わせがあったのですが・・・
汗でせっかくのヒゲはくっつかず、帽子は落っこちそう、うまく行った時は
「キャー やったー」と大騒ぎ、打ち合わせやダンスの事は忘れていました。(笑)
皿回しや踊り、最後はみんなで 「好きになった人」を、ペアで踊りました。

 帰られる間際、てげ(大変)酔っておられた桑子先生が言われました。
「いやー 有り難う!今夜は楽しかったです。貴方たちはうずめちゃんですね。」
「先生、うずめちゃんって だれですか?」
「天の岩戸の前で神楽を舞い、天照大神に岩戸を開かせた
                       アメノウズメノミコトですよ。」
「へえー そうですか、知らなかった。さすがは東大教授ですね。」
「 (笑) いいえ、私は東大ではなく、東京工業・・・」  
「いえいえ、私達にとっては どちらも東大ですよ(笑)。
   先生、それじゃ 私達は串間の うずめちゃんズですね。」
「そうです、貴方たちで、頑張って串間の扉を開けてくださいね。」
「は~い、みんなで頑張りま~す。」

 お客様が帰られた後は、お腹がすいたねーと、美味しい釜飯をたべながら
市役所の方たちと一緒に、ワイワイと反省会をするゆう子さん達でした。

  皆さ~ん お疲れ様でした。
     でも 今夜も てげ 楽しかったねー (笑)

by shocyuya | 2007-03-10 12:14 | Comments(2)

” そのまんまでも甘~い ちっちゃな きんかん祭り ”

 春の訪れを感じる雨上がりの日曜日、「しょちゅ屋の吉田」より、車で
10分の、大束大平地区で、第3回のきんかん祭りが開催されました。

この JA大束では、50戸の農家で年間600トン以上のきんかんを
生産され、今年(昨年2月1日~今年1月31日)の売上高は
3億6千万円と、県内でトップとなりました。

祭りでは、きんかんのそのまんま丸かじりや甘露煮、日向夏みかんの
試食があり、あったか~いぜんざいのサービスもありました。
先着200名様には、たまたまきんかんのプレゼントがあったのですが、
あっという間になくなりました。私達はぎりぎりでセーフでした。(笑)
花の苗・きんかん・ポンカン・デコポン・日向夏みかん・焼いも・芋てんぷら
などの販売があり、のんびりと賑わっていました。
f0042737_11465034.jpg
 今年も「串間くるみ太鼓」の出演があり、すばらしい太鼓演奏に
皆さん感動されていました。幼稚園生のチャッパはとても可愛いです。
このジュニアチームは、3月25日に京都で行われる全国大会に
今年も県代表として出場します。
5歳から高校2年生までの14名の参加ですが、毎週土・日曜日は
べんとう持参で、朝から夕方まで練習に頑張っています。
今日は資金かせぎで、ラーメンやお茶の販売もしていましたよ。
f0042737_1147824.jpg
 次は民謡です。三味線を弾いている白のブラウスを着ている女性は
串間商工会議所女性会のメンバーで、都井から来てくれました。
「まりちゃん、今日は三味線でお呼びがかかったとね!」
「そうやとよ、朝市もあったから、朝の2時から仕事をしているとよー。」
まりちゃん経営の 「スーパーたいき」の目玉商品は、生パン粉を使った
エビフライ・てんむす・おいなり・お寿司の具などです。
第三日曜日の朝市やまつりなどで販売していて、超人気です。
お店をしながら、三味線・民謡・フラダンスと元気いっぱいの彼女です。

今回初めて、きんかん祭りを見に行ったゆう子さんでしたが、
のどかな風景、トラック荷台での舞台、和やかな会場の雰囲気を見て
遠~い昔の、まつりの原点に戻ったような懐かしい気持ちになりました。

 大平地区のみなさ~ん ”そのまんま きんかん 祭り”
     どんげかしてでも 続けんと いかんよ!!

by shocyuya | 2007-03-01 11:48 | Comments(4)