<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

梅雨の晴れ間の  あ じ さ い ウ ォ ー キ ン グ !

 先日(6月17日)、串間市大束のふるさと林道小布瀬~風野線で
第3回のあじさいウォーキングが行われました。
地域おこしグループ「広野歩こう会」主催で、今年で4回目になります。
しょちゅ屋の吉田より車で20分、串間市風野地区から日南市の境まで、
約3,300本のあじさいが、今年はなぜか開花にバラつきはあるものの、ただいま
満開となり、道行く人の目を楽しませてくれていて、それはそれは見事です。

湧き水の出る山神に、9時30分に集合して、全員でラジオ体操をしました。
遠くは宮崎市や都城市から、又 乳母車に赤ちゃんを乗せた家族の参加など
子供から年配の方まで、約100人の参加となりました。
雨を心配していましたが、ありがたい事に雨も降らず、汗ばむ陽気となりました。

f0042737_1552142.jpg

 往復4Kmの道のりを、初夏の日差しを受けてまぶしく輝く満開のあじさいを見ながら
思い思いのペースで歩きました。
近くの友達と3人で、用意されていた杖を片手に、水筒の入ったリュックを背負って
出発しました。 のぼり坂です、途中から、先に行っててと、バラバラになりました。
やはり、いつもさくらと歩いている主人がトップ、次いでゆう子さん、友達の幸ちゃんは
まだまだ姿が見えません。
ようやく折り返しの峠に近ずいた頃、この元気な93歳のおじいさんに追いつきました。
初めてのウォーキング、杖をつき、腰も少しまがってきている私なのですが、市内より
自分で車を運転し、毎回参加しておられるこのおじいさんには、驚き脱帽でした。

f0042737_15522938.jpg

 写真を撮ったり、久しぶりに会った知人と会話したり、歩きにも個人差があります。
それでも約2時間で、全員が無事に山神に帰ってきました。

「あー 腹へったー。 早く弁当が食べようや!。」
「幸ちゃん 見てんない、このおむすび 巧さんが初めて作ったとよ。(笑)」
「ギャ、この卵焼き塩からい!この前砂糖と塩を一度に間違って容器に入れたとよ。
 その分だけ捨てたはずなのに、まだ残っていたもんやわ(笑)。」
「ゆう子さんも、そんな間違いをすっとかな。」
「一度に 両方間違っていれたのは、初めちよ(笑)。」
「幸ちゃん、このキューリの漬物 おいしいが。私のさくらんぼ 食べてんない。」
「ありがとう! 簡単よ 少し塩しておいて、佐吉のたれを入れただけよ。」

木陰に用意されたシートの上で、川のせせらぎの音を聞きながら、楽しいおしゃべりを
しながらの弁当は、おかずは少ないものの最高の味でした。(笑)


お父さん やっぱし昼から雨になったが、午前中は天気でいかったー。
今度は、もっと形のよかおむすびを作ってよね。楽しみにしとくから・・・
「広野歩こう会」のみなさん、お世話になりました、楽しかったで~す。
by shocyuya | 2007-06-26 15:53 | Comments(2)

ついてる ついてる!!  窯焼きピザは 最高の味だ!!

 広報くしま6月号に、市内の北方で手造り窯で ピザやパン、季節の野菜などを
調理して楽しんでおられる、津曲正興さん(70歳)が紹介されていました。
一度見学したいと思い、早速電話しましたが留守でした。
数日が過ぎ、3回目にしてようやく奥さんとお話でき、早速 翌日の夕方
我が家より車で10分、小雨の中を 北方地区の古川へと出かけました。

丁度 奥さんも帰ってきておられ、台所から楽しそうな声が聞こえてきました。
まだ素人で、本を見ながら挑戦なんですよと言いながら、ピザやパン生地作りで
賑やかに パッタン パッタン・・・

f0042737_1701919.jpg

 すご~い! このようにまきを2時間ほど燃やし続け、窯を温めるそうです。
このピザ焼き窯は、正興さんが、正味一ヶ月かけ昨年の10月に完成させました。
耐火レンガと、カマ土や耐火セメント、石灰などで造り上げたそうですが、
レンガをアーチ状に積み上げるところが一番難しかったと話されました。
また 窯入り口の鉄製の扉は、市販されておらず特注となり、大束のある鉄工所で
一日がかりで作ってもらった代物だそうです。

ようやく窯が温まり、火を取り出して準備完了となりました。
ベーコン・ナス・ピーマン・しめじなど、そして山盛りのチーズがのせられたピザが
窯の中へ入り、待つこと3分・・・

f0042737_1712256.jpg

 うわー できました。 こんがりとした窯焼きピザの登場です。
レストランのピザのように 丸くはなっていませんが、串間んゆう子さんには最高です。
熱いうちにどうぞと言われ、一番にご馳走になりましたが、その美味しかったコト・・・
いつもテレビドラマで見るだけでしたが、今日は夢が叶い、ついてる ついてる!

f0042737_1722150.jpg

「今日は、飛び入り参加でご馳走にまでなり、有り難うございました。
      私、写真撮りが趣味なんです、記念写真を撮らせてください(笑)。」
「吉田さんは ついてるね、よかタイミングやったです。次の予定は2週間先・・・。」
「は~い ついていました。今夜電話してもだめだったんですね(笑)。」

ピザ焼き窯はもちろんのこと、この囲炉裏、椅子はすべて正興さんの手作りです。
窯の隣には、かまども造ってあり、その上には手作りの木製せいろうが載せてあります。
先ほどは、ミニもろふたも出来上がり、まさに私流の、いまでも青春の正興さんです。

時々、ここで孫や親戚、友達を呼んでは、肉や季節の野菜などを焼きながら食べ
夜遅くまで、飲んで語られるそうです。
今日は、残念ながら、ピザとパンだけの予定だったそうで、焼酎好きの正興さんは
少し淋しそうに、ビールだけで我慢されてるようでした。

・・・20代初期、六本木の高級レストランで 初めて食べたピザ!
         それから ピザ大好きになってしまった ゆう子さん。
あれから30数年、今は 串間での窯焼きピザに胸ときめくのは・・・
   これって 時代の流れのせいかしら?
             それとも年を重ねちゃったせいかしら?(笑)

by shocyuya | 2007-06-18 17:04 | Comments(2)

  ばあちゃんの、父との 想い出・・・ 「 旧 吉松邸 」!!

 串間市は、国の登録文化財 旧吉松家住宅の、一般公開を4月9日より始め、
結婚式や披露宴、会合などに貸し出しをされております。
この旧吉松家住宅は、明治から昭和時代にかけて、串間の政治経済に大きく貢献
した吉松忠敬氏が、大正8年に棟上し、その後 数年かけて建築されたそうです。

敷地面積は 約950坪、延べ床面積約630㎡、二階建ての母屋には20を超える
部屋があり、「主屋」・「外蔵」・「内蔵」・「物置」・「外風呂棟」、そして
間口5,5mの表門からなり、周りは、延長66mの石塀があります。

「お義母さん、旧吉松邸って すごいねー。今度一緒に見に行こうや!。」
「そりゃ 楽しみにしとくわ。あの家の周りの石垣は、昔 武助じいちゃん(義母の父)が
3年かけて作ったとよ。」

 ようやく約束を果たす日が来ました。 義母の実家は「旧吉松低」のすぐ近くです。
義母の話によりますと、昭和36年 74歳で亡くなった竹下武助じいちゃんは、
当時 吉松忠敬氏に見込まれ、家の周りの石垣積みの仕事をするようになり、
荷馬車で都城より、石を運んできて3年かけて作ったそうです。
今は都城まで車で1時間20分で行きますが、当時は泊りがけだったのでしょうね。
義母は小学校に上がる前で、幼い弟の手を引き、よく父の仕事を見に行ったそうです。
でも、吉松邸の家の中には、絶対に入れなかったと言っています。


f0042737_1143390.jpg
 入り口で、ボランテアの方よりパンフレットをもらい、義母と二人で見学です。
明日は、ここで初めて結婚式・披露宴が行われる事になっていて、準備されています。
これまた式を挙げるのは、「しょちゅ屋の吉田」のお隣さん 「魚本家」の息子さんです。
宴会場になるこの25畳の大広間は、先日夜神楽の行われた部屋です。
ご本人や写真屋さんもきておられ、今日で良かったなーと二人して喜ぶところでした。

f0042737_11432579.jpg
 帰りは、表門の前で ハイ ポーズ!
正面は、三方が見事な竹林絵の板戸で囲まれた玄関になっておりますが、
ここは、国会議員など限られた賓客にしか使われなかったそうです。
当時に描かれた竹林絵、今でも、それはそれは素晴らしく 感動される逸品です。

この石段に立ち、義母は遠い昔を想いだし亡き父の事を想い出している事でしょう。
又、武助じいちゃんも、このように吉松邸がみんなに見てもらえるようになり、きっと・・・

「お義母さん、武助じいちゃんって どんな人やったと?。」
「そうやな、怒れれた記憶がないとよ。 やさしくて 教育熱心な人やったな。
勉強せないかんと苦労しながら朝から晩まで働き、上の学校に行かせてくれたとよ。」

久しぶりに、義母のいきいきとした顔が見れた、ある日の午後のひとときでした。
by shocyuya | 2007-06-11 11:44 | Comments(6)


宮崎で芋焼酎を販売しているしょちゅ屋おかみのブログ


by shocyuya

プロフィールを見る
画像一覧

自慢の芋焼酎のご紹介

最新のコメント

♪ yoshiboさんへ..
by shocyuya at 07:31
yuukoさん、お早うご..
by yoshibo at 08:08
♪日南みっちゃんへ お..
by shocyuya at 06:53
yuukoさん...おは..
by 日南みっちゃん! at 06:49
♪yoshiboさんへ ..
by shocyuya at 18:33
yuukoさん、こんにち..
by kushima-yt at 15:05
♪yoshiboさんへ ..
by shocyuya at 09:00
yuukoさん、お早うご..
by yoshibo at 08:28
♪yoshiboさんへ ..
by shocyuya at 12:01
yuukoさん、今晩は!..
by kushima-yt at 20:05

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧